スライド

ブログ

アシスタント日記【村社】

こんにちは、アシスタントの村社です。
今日も朝から撮影でした。

今回の撮影は複数人の女の子がモデルさんでした。
今まで自分の撮影の中で複数人を撮るという経験があまりなく、
けれどつい最近男性2名のお写真を撮らせてもらった時にすごく苦心したことも思い出しまして今日は非常に勉強になりました。

青山さんは連載を多く持っていますが、
例えば週刊SPA!でのSKE48さんの「ふたり遊び」は毎回ランダムに組まれたメンバーの女の子2人が様々な遊びに挑戦するというグラビアです。
以前この撮影同行させて頂いたとき、撮影しながら構成を考えて、でもメンバーとの楽しい雰囲気も盛り上げる…というマルチタスクに圧倒されました。
女の子、男の子に限らず一人よりも複数人のほうが場の雰囲気が盛り上げるけど、なかなか切り替えが難しくなったりすることもあると思うのです。
でもカメラマンは決められた時間内で、撮り損じなく、良いものを撮るという責任があります。
でも真剣になりすぎて現場の雰囲気を壊してもいけない。このバランスってとても脆いと思います。
そんな中でカメラマンは舵を取るんですよね。

青山さんはよく、カメラマンは最終的な仕上がりの全責任を背負っているという風なことをワークショップなどでも仰っていますが、まさに最近それを目の当たりにする機会に多く恵まれています。
ここのところ自分も撮影の機会を沢山頂いているので、アシスタントとして現場にいさせてもらえることで学べることを自分の撮影でも活かして行きたいと思います。