スライド

ブログ

アシスタント日記【金山】

本日は車で移動して、都心を離れた場所での撮影でした。移動や現場の指導については先日卒業した2期生の塩川先輩に指導いただきました。余裕を持ちながら、丁寧に教えていただける姿に、自分もそうなれる日が来るのだろか…いや、1日でも早くならないといけないなと感じました。

撮影現場のアシストについて、少々書き綴らせていただきます。青山さんの近くに同行し、レンズ交換をしたり、レフを当てたりというのが大半ですが、その時の指示や状況に無駄なく応えられなければいけないし、自分も必要と思えば先に動かなければなりません。

モデルが座る,寝る場所をさっと拭いたり、ゴミが落ちてたら拾ってどける。メイクを直す際にはその場で鏡やコームなどを出す。撮影場所のやや先が気になっていそうであれば、自分が確認してくる…等

よって、レンズをはじめ、タオル、メイク用品、ブロアー、小道具などをバッグに入れて常備します。いかに撮影がスムーズに行くようにするかが使命です。良い写真を撮れるかどうかは、このような“準備”に左右もされるものだなと思いました。一人の撮影でも色々なことに気を配れるようにしたいです。

さて、今回の撮影は天気が良好で、自然光がとても綺麗な具合らしく、青山さんもより高揚な気分でシャッターを切っていた感じがしました。写真の仕上がりが楽しみです。青山さんの撮影については、また別の機会に述べさせていただきたいと思います。