スライド

ブログ

アシスタント日記【高澤】

アシスタント高澤です。

 

台湾出張です。「WONDER FOTO DAY 2018」です。
二度目の台湾出張。9ヶ月ぶりです。例のごとく英語も中国語も話せません。Japanese only.

 

WONDER FOTO DAY自体はアシスタントになる前から知ってはいました。
YHPで本も取り扱っているので、それを見て参加者が多いんだなあ、みたいな漠然とした情報もありました。
しかし、一体どんな場所でどんな感じでやっているイベントなの?と情報の少ないまま台湾へ。
大きい!人多い!おしゃれ!
想像よりはるかに大きなイベントで、日本語だけで乗り切れんのか私!?と初日はビビっておりました。
でも、写真は言葉を超えますね。
日本語しか書いていなくたってみなさんには良さが伝わっていたし、
それに応えたいって言う気持ちで販売していました。
そしてみなさん優しい方ばかりで、困っているとお客さん同士で英語や日本語で通訳をしていただけたり、
イベントスタッフの通訳のみなさんもとても親切でした。
台湾本当にあたたかい国です。すごく好き。

 

他のブースを見ていて思ったことは、
台湾の方はいい意味で変態性が突き抜けているし、遠慮がないというか、ストレートに思いを発信しているな、と。
日本人の遠回しな表現とか、オブラートに包む感じとか、気持ち悪さを薄める感じとか、
あえてマイナスな感じに書きましたが、それももちろんいいんです、でもそれがもったいない。
台湾の方の表現を見てうわー!気持ち悪い!趣味丸出し!最高だな!!!ってテンション上がって
日本人も奥ゆかしすぎては負けてしまうと思いました。
突き抜けた表現したい。自分の意思と技量をもっともっとギャップを減らしたい。
とにかく撮りたい!そう気持ちを掻き立てられ、ホテルでセルフポートレートを撮りました。深夜のテンション。
最高に衝動的な1枚、恥ずかしいけど、いつか出したいです。