スライド

ブログ

アシスタント日記【金山】

こんにちは。金山です。

 

先日、自分の作品がひとつ仕上がり多くの人に見せていただく機会がありました。コンペというやつです。
結果は残念でしたが、称賛をいただいた次第です。

 

写真って見せた時に撮り手が口を割らない限り、撮るときの苦労や心情、想いって伝わらないじゃないですか。
手間も細かくまではどこまでかかっているか、かかっていないかとか。
写真を見せる時にそれらを述べるのはナンセンスですが、一番自分の写真に対して理解と愛しせるのは自分でしかないということ。

 

今回、終わった後に悔しかったんですよね。めちゃくちゃ愛情を持って想いを詰め込んだ作品がゆえになおさら。うまく気持ちを整理できなかったのですが、他の方の素晴らしい写真、組み方や見せ方、気付いていないことがまだ自分にあって。心底から自分に対してもっともっと貪欲というか熱いものが込み上がってきました。まだいけるでしょう自分って?

 

写真は見せるほどうまくなったり、よくなったりすると聞いていたのが少しわかった気がしました。
まだまだこれからも走っていきたい。