スライド

ブログ

アシスタント日記【金山】

こんにちは。金山です。

 

台湾が好きになった!!また行きたい!!

 

無事に「Wonder Foto Day 2018(WFD)」 イベントを経て、台湾から戻ってきました。
行く前は4日間は結構長いなと思っていましたが、気づけばあっという間に過ぎて行きました。

 

WFDは多くのお客様がブースに立ち寄ってくれて、しっかりと本を手にとってくれて見てくれました。友人たちで見ている時の会話言語は理解できませんでしたが、反応を見ると何となくわかるものです。青山さんのネコシリーズはフトモモや胸との兼ね合いに興味をもってくれたり、ソラリーマンはおじさんたちがジャンプしているのがツボだったのか、1ページ1ページの表情やポーズを楽しんでいるようでした。

 

説明するのに拙い英語で理解するのに苦労があったと思いますが、伝わった人には伝わったのが嬉しいです!!一期一会でも、コミュニケーションしかりこの空間がとっても楽しかったです。ドタバタしているうちに、スッと自分のZINEを購入したいという方がいて、急いで理由だけ聞くと「可愛い〜」と言ってくれました。これぞ写真やっている人にとって嬉しくなる賛辞だなってウルっときました。ありがとうございます!!

 

また、青山さんにパーソナリティのことや独立後についてなど、あれこれとお話をして真摯に聞いて理解をしてくださったのも今回大きかったです。写真をやるなら写真のみで語ることも重要ですが、その前に人。人間味を知っていただけるのは自分にとっては切実なんです。

 

同期とは全員でOFFを満喫できなかったのが心残りではありましたが、随所でお話をしたり行ける人で出かけたりしました。こうして自然体で台湾を過ごせたのも心優しい仲間のおかげだなと感じました。帰国したらどこかで3人で遊ぶことができたらなと思います。

 

なんだか、とても情緒的で痒い内容になってしまったと思いますが、、台湾という地そのものだけでなく、有意義な時間を過ごせた思い出の場として、台湾が特別好きになりました。いつかまた、ここに訪れる機会があるように自分は写真でやり続けます。