スライド

ブログ

アシスタント日記【高澤】

アシスタント高澤です。

 

正直数字を見すぎて何が何だかわからなくなる日々です。
ゲシュタルト崩壊しています。

 

私、路線図っていうものが好きなんです。
全く鉄道に関しての知識はなく、乗り鉄とか撮り鉄とか、何鉄でもないんですけど、路線図を見るのが好きです。
今日は少しの間ですが大さん橋で開催されている「Photobook JP」の店番をしていました。
横浜までの長い道のり、朝は早稲田にいたのでどうやっていこうか、早稲田に帰る道のりもどうしようか
路線図と、Googleマップと、乗り換え案内のアプリと、行き来しながら考えていました。
路線図って、遠くへ行きたい気持ちを妄想にして楽しませてくれるし、
各線の色分けに従ってカラフルに書かれていたりして、
直線と曲線と全ての駅に干渉しないような配置でうっとりするし、
なんというか、私の中ではかなり「ワクワク」を掻き立てるものなんです。
写真もそんなワクワクを掻き立てるにはもってこいの表現方法ですよね。
行ったことのない場所の景色が見られて、
現実に見ることのできないファンタジーを見せてくれて、
色や並びや構図や、自分の気持ちにぴったりハマってすっきりとするようなものもある。
ただの便利アイテムとして見ていた路線図がアートに見えてきたのは
写真との共通点を見つけられたからかもしれません。
そう思ったらまた一段と路線図が好きになりました。