少女礼讃 著書

著者:青山裕企
デザイン:山﨑健太郎(NO DESIGN)
サイズ:B5判変型(238x182mm)/160ページ/ハードカバー(箔押し・シール貼)
価格:本体9,800円+税
発行:ユカイハンズパブリッシング
発売日:2022年4月29日
ISBN:978-4-908942-29-7

 

YUKAIHANDS PUBLISHING
通常版
特別版

青山裕企 写真集『少女礼讃{Naked}特装版』出版記念展

会期:2022年4月29日(金・祝)〜5月8日(日)
開廊時間:14:00〜19:00
休廊日:5月2日(月)
入場料:無料
会場:YUKAI HANDS Gallery(ユカイハンズ・ギャラリー)
住所:112-0014 東京都文京区関口1-30-9 (MAP)
有楽町線「江戸川橋駅」1a出口より徒歩10分
東西線「早稲田駅」1出口より徒歩10分
都電荒川線「早稲田駅」より徒歩7分
メール:yukaihands@gmail.com


詳細はこちら

著者:青山裕企
サイズ:文庫判(148×105mm)/256ページ
価格:本体5,500円+税
発行:ユカイハンズパブリッシング
発売日:2021年6月5日
ISBN:978-4-908942-26-6 100部限定(ナンバリング・サイン入)
* 購入は、1人1部に限ります(2部以上の購入は、ご遠慮くださいませ)。

表紙:ヴァンヌーボV 180kg
本文:アドニスラフ80 57kg

* 2021/6/5-13開催の写真展「少女礼讃〜”少女”とは何か?」にて、先行販売いたします。通販は2021/6/下旬以降に在庫がある場合、販売いたします。

YUKAIHANDS PUBLISHING

2019-01-01

少女礼讃


もっと、青臭く、泥臭く、青二才な頃の、僕の心が顔を出して、
超下手だけど、超エモく撮れていたはずの自分が、うらやましくなる。

これから私は、“少女”を礼讃(らいさん)の気持ちで、撮りたい。

私は、1998年(二十歳の時)に写真をはじめて、
昨年(2018年)に、不惑の年を迎えた。

「ソラリーマン」と「スクールガール・コンプレックス」というふたつの作品において、
“記号と個性”をテーマとして、人を撮り続けている。

どちらも、撮り集めてゆくことによって、
個性を表出させたり、記号性を抽出したり、
おおよそマクロ的な視点でもって、人をとらえようとしてきた。

昨年の夏、ひとりの女性に出会った。
名のあるモデルでもなければ、撮影経験もないという。

はじめて撮影したときに、
「この子を、“少女”として撮り続けたい」
そう、直感的に思った。

撮りながら、気づき、考え続けることになるのだけれど、
この子には、“少女らしさ”が、眩いほどに詰まっている。

それらは、私たちが押しつける“理想の少女”だけでなく、
剥き出しになった”少女自身”の姿でもあるのだ。

どこまでも、ひとりの“少女”を撮り続けてゆく、撮り深めてゆくなかで、
私は、人を撮ることの深淵に、飛び込んでいきたい。

Instagram

This error message is only visible to WordPress admins

Error: API requests are being delayed for this account. New posts will not be retrieved.

There may be an issue with the Instagram access token that you are using. Your server might also be unable to connect to Instagram at this time.