Books Schedule 著書

2016-09-20

48th:写真集『SOLARYMAN 2006-2015』

写真:青山裕企
アートディレクション:川名潤(prigraphics)
サイズ:B5判変型(238x182mm)/160ページ/上製本(クロス装)
価格:本体2,750円+税
発行:リブロアルテ
発売日:2016年9月16日
ISBN:978-4-802130-30-1

Amazon
オンラインストア

“僕にとってのサラリーマンは、まるでヒーローみたいな存在です。”

写真家・青山裕企が、ソラリーマンの撮影をスタートしたのが、2006年からとなります。もともと身のまわりの人たちを跳ばせて撮っていたのですが、父親の死をきっかけにソラリーマンを撮り始めました。時にコミカルで、時にクールなソラリーマンは、強い感動と希望を与えてくれます。

2009年「ソラリーマン 働くってなんだ?!」(ピエ・ブックス)、続いて2012年「跳ばずにいられないっ!ソラリーマン ジャパン・ツアー」(徳間書店)を刊行しました。新たな試みとして父親目線でのソラリーマンを撮りたいと考え、『娘とソラリーマン』シリーズを撮り始めました。娘と父親の間には、微妙にして絶妙な距離感があり、青山にとって最高に幸福な被写体であったと語っています。そして2015年「むすめと!ソラリーマン」(KADOKAWA)を刊行しました。

この度、ソラリーマンを撮影してから10年目の節目を記念して、ベスト版となる写真集を刊行いたします。今までの写真集からベスト・セレクション、さらに本作のために撮りおろした海外(シンガポール・ニューヨークなど)での作品も含めて、全148点を収録しています。